テクチューブ

デジタルライフを快適に過ごすためのお役立ち情報をお届けします!

Windows10での並列作業を効率アップする方法

スポンサーリンク

f:id:yakudacchi:20210720183721p:plain

 


特に業務でWindowsを使う場合に、
あちらの仕事、こちらの仕事、
と並列で作業を進めなければならない
シチュエーションは頻発しますよね。


1つずつ片付けてから次に進みたい所ですが
そうもいかない場合に役に立つ機能のお話です。


WindowsでもWindows10での機能となるので、
他のバージョンでは活用できない点だけ
注意が必要ですが、


「仮想デスクトップ」


という機能です。

 

Windows10の仮想デスクトップ機能は、
今あるデスクトップとは別に、
更にデスクトップを追加できる機能です。

 

画面の一番左下にウィンドウズマークの
ボタンがありますが、そこから右の方へ
目を移すと、四角が縦にいくつか並んでいる
「タスクビューボタン」というボタンがあります。


このボタンをクリックすると、
今開いているウィンドウの一覧を表示できます。


上部に、「新しいデスクトップ」という
ボタンがありますので、ここから
新しくデスクトップを追加できますが、
複数作成できるのも嬉しいポイントです。

 

このタスクビューの画面において、
デスクトップ間で、ウィンドウの
移動もできますし、どれかデスクトップを
開いている状態で、

Ctrl+ウィンドウズボタン+カーソルキー(左右)

を使うことで、閲覧するデスクトップ自体の
移動もできます。

 


並列で進めている異なる仕事を、
デスクトップを分けて作業することで、
混乱せずにスムーズに進行することが
できるかと思います。


同じデスクトップ上で、
複数のウィンドウ(複数の仕事)が
ごちゃごちゃして作業効率が悪いなと
感じている方は、試してみると良いかと思います。